冬の味覚の王様・トラフグの
おいしさが存分に味わえるコースです。


染み出るダシは、この上なく上品な味わい。
あっさりとクセがなく、それでいてしっかりした
風味が堪能できる絶品です。


外側の皮は歯ごたえがあり、真ん中の皮はコラーゲンがたっぷり!
一番内側の身皮は、噛めば噛むほど旨みがあふれます。
ポン酢でさっぱりとどうぞ。


寒い冬でも愛知県の漁港を活気づけているのは、冬の味覚の王者・トラフグ。 トラフグというと山口県の下関が思い浮かびますが、天然のトラフグでは、実は愛知県が全国1、2を争う名産地! 主な漁場は渥美半島沖の遠州灘で、多くは知多半島先端の南知多町に水揚げされます。

貴重な資源を守るため、漁の時期は10月~2月、大きさは700g以上に限定。こうした厳しい規制があるからこそ、日本トップクラスの漁獲量が守られているのです。 トラフグは高級水産物といわれますが、南知多町などでは、観光業界とも連携してお値打ちに提供できるよう努力しています。 ぜひ、愛知県の極上トラフグ料理を堪能しにいらしてください!

大きめでボリューム満点のから揚げは、
食べ応え十分! カリッとした衣に、
ジューシーなフグが絶妙です。


味にクセがなく、脂がのった身はモチモチの食感!


白子の食べごろは、12月から。 丸々太った白子は、とろけるような滑らかな舌触りと、
鼻を抜ける豊かな風味がまさに絶品の〝珠玉の食材〟です。ぜひ、旬の時季にご賞味ください。